天神橋バザール
 
ハンギョクン
  • ハンギョクンとは?
頭は魚、体は人間のハンギョクンはちょっとやんちゃな男の子。天神橋筋商店街に遊びに行くことが大好きです。大の食いしん坊で、何でも口に入れてしまう困ったクセの持ち主。意外と(?)優しくて人懐っこく、中でも女の人と犬が大好き!特に犬は思わずかじりついてしまうことも。ご覧の通り不思議な姿をしているハンギョクンですが、なぜ今の姿になったか、その理由は下のハンギョクンストーリーを読んでくださいね。
  • ハンギョクン・ストーリー
ハンギョクンが今の姿になったのは、2009年7月7日、七夕の日。その日は、大川で「平成OSAKA天の川伝説」というイベントが行われていました。みんな、配られた短冊に思い思いの願いを書き、まとめて川へ流すのです。
大川を住みかにしているハンギョクンは、(お祭りや!!)とワクワクしながらその様子を見ていました。
やがて月が空高く上り、人々が帰り始めました。(あーあ、もうおしまいかぁ…)ハンギョクンも水底に向けて帰ろうとしたとき、女性たちが話しているのが聞こえてきました。
「おなか空いたから、天神橋筋商店街で何か食べへん?ええお店いっぱいあるし」
「ええねー、あそこは何でもあるもんね。めっちゃ行きたい~」
(えらい楽しそうなところやんか。僕も天神橋筋商店街に行きたいわ!!)
ハンギョクンは急いで短冊に「人間になって天神橋筋商店街に行きたいねん!ぜったいかなえてや、神様!!」と書きました。
すると、神様がハンギョクンの目の前に現れたではありませんか!「これこれ、お願いはもっと丁寧にするもんや。それにお前はやんちゃやから、そう簡単に願いを叶えたるわけにはいかへんなあ」。
「ええっ、そんなんイヤや!ええ子になるって約束するから、お願いします!!」
神様はニヤニヤしながら、「ほんなら身体だけ人間にしたろか。商店街の人たちをしっかり手伝ってええ子にしてたら、いつか頭も人間になるかもしれへんで」と答えました。
次の瞬間、ハンギョクンは頭が魚、体が人間という不思議な姿になっていました。

さて、これからハンギョクンはどうなっていくのでしょうか? 皆さん、頑張るハンギョクンを応援してあげてくださいね!!
  • ちょっと有名人!?ハンギョクン
ハンギョクン、ひそかにマスコミにも登場してるんです!ちょっとずつですが、商店街のみなさまにも呼び止められるようになってきました。今後ともハンギョクンを宜しくお願いいたします!